秋旅、お正月旅こそプーケット。オンシーズンのシミランクルーズUPしました。

プーケット空港

プーケット空港にはターミナルが二つ。

日本からプーケットへは直行便がなく、必ずどこかを経由してお越しになることになります。空の玄関口はプーケット国際空港、ターミナルは二つあります。隣り合っているので、徒歩で移動可能です。

ターミナル1 Domestic Terminal

古い方のターミナルで国内線専用 ドメスティックターミナルです。タイ国内でチェックインをした国内線の到着口となります。

出口は1-3までありますが、小さい空港ですのでどこから出ても同じです。

ローカル利用が多いためか、殺風景、必要最小限の施設です。路線バスの乗り場はこちらのターミナルにあります。
・・・清潔感はあるので、ターミナル2へ到着後バス停へ、ターミナル1へ移動すると、静かでホッとします。

タクシーカウンター、乗り合いのミニバスのカウンターもあります。料金も表に明記されているので安心です。

到着後の小さなレストラン。大手コンビニではないけど商店もあって不自由はありません。出口すぐの売店で、ホットコーヒーを買いバスに乗り込み出発待ち。
バスの中は既にエアコンも効いていて快適。始発のバス停は定刻に出発するので安心ですね。

カウンターで紙コップを渡されコーヒーマシーンをポチっとするシステムでした。カプチーノ35B。
到着の様子だけで申し訳ございません。
次回は機会を作って、出発時の事も書きますね。

注意:ターミナル1の到着ではSIMカードの購入が出来ません。ターミナル2の販売所も到着エリア内にあり通常は外から入れません。

ターミナル2 International Terminal

新しいターミナル、国際線、インターナショナルターミナルです。
建物を出ると広々とした人工芝の広場が特徴です。

国際線ターミナルですが、バンコクでは乗り継ぎだけで、バンコクープーケットの国内線もこちらに到着、出発となります。

・到着時
海外からバンコクへ到着、乗り継ぎのみ。プーケットまで荷物はスルーで届く場合。バンコクで入国審査を受け、預け荷物を受け取り後、税関審査はプーケットでとなります。チェックされることはほどんどありませんが、持ち込み禁止品があればここで処分を受けます。
同じ飛行機の乗客でも国内線と国際線の乗客で、ターミナル1と2、別々に進みますのでご注意ください。
・出発時
バンコクでは乗り継ぎのみで、荷物はタイ以外の最終目的地までスルーで届く場合はターミナル2です。出国審査はプーケットで受けます。VAT Refundもプーケット空港で受けるのでお忘れなく。

入国審査後すぐの両替所。

出口の案内ですが・・・まったくあてにならにアイコン表示。。バスはターミナル1へ移動なので6番出口が近いんだけどな。出口の番号表示はばっちり、わかりやすい。待ち合わせの番号があるなら従ってください。
どこから出ても人工芝の広場に出るので、心配なら真ん中の3か4から出るといいです。

SIM販売【ターミナル2のみ】

・・・とその前に。建物を出る前に、SIMカードを購入したい方は中で販売しています。右寄りにTRUE とAISの2社があります。お好きな方で。建物の外を出ると入れなくなるのでご注意を。うっかり出てしまった場合は警備員さんにSIM購入との説明をし入らせてもらうしかありませんが・・

両替

入国審査後すぐと、出口前にはターミナル1と2両方に数か所、両替所とATMが一緒になっている銀行のカウンターがあります。ATMはどこでも同じですが、窓口のレートは、空港レートで若干悪いので必要最小限のみをお勧めします。

タクシーカウンター

建物内にも外にも、タクシーカウンターが両ターミナル共にあります。ターミナル2ではタクシーやミニバスなどの呼び込みで賑やかです。鬱陶しいようですが必要なものを声かけてくれていると思って、引き寄せられてください。

路線バスの乗り場はターミナル1にあります。徒歩で移動可能です。

プーケット空港からの移動
セブンイレブンもあります。主要なビーチ、例えばパトンビーチまで45-70分かかりますので、飲み物など調達するのに良いですね。

出発/チェックインフロア【ターミナル2】

出発時、チェックインフロアは、ごく普通の空港。広くチェックインカウンターの電子掲示板やセキュリティーチェックなどいたって普通。

夜22時ごろですが明るくベンチも空いています。も~し、空港で夜時間をつぶしたい方は、到着でも出発フロアへ上がってくると明るくてエアコンもあるし、少しでも安全な気がします。お勧めしないけど。。。

VAT Refund【ターミナル2】

チェックインカウンターと同じく、出国前にあったVAT Refund(免税)手続きカウンターですが、出国審査後のゲート横に移動しています。未使用の現物を提示することが手続きの条件なのですが、液体物はどうするのでしょうか?
タイでは手続き時に返金されるシステムです。

空港WIFI

最後に、空港WIFI。両ターミナルとも共通で利用可能です。登録が必要ですが、簡単なので、預け荷物を待っている間に出来ちゃいます。

Register(登録)をクリックして、名前とパスポート番号と電話番号を入れるのですが、タイの電話番号を持っていなくても08で始まる10桁をダミーで入れても大丈夫です。。。パスポート番号もダミーでも出来ました。
パスワードの案内画面も出ますがConfirm(確認)をクリックすれば、自動で接続します。

Ripple plusでは、電話ではなくLINEやメッセンジャーを使っての連絡が便利です。Wifiがつながれば安心。何かご相談などがあれば空港からでもお気軽にご連絡ください。