春休みですね。学生さんも増えてきました。新型コロナウィルスへの対策もお忘れなく。スタッフも元気にお迎えできるよう感染予防に努めお迎えいたします。

プーケット空港からの移動

プーケット空の玄関口、プーケット。
プーケットは電車もなくバスの路線も少なく、観光地なのに交通の便はとっても悪い。
そんなプーケットで、空港から主なエリアへの移動手段を紹介します。

タクシー

到着後まず客引きに会うのは、タクシー。必要なので声をかけてくれるのは便利♪と思うぐらいで、しつこくはありません。不要な時はNo、と一緒に理由を、例えば「My Friend come」 とか、「Bus」とか言えば、他のお客さんを探しに行っちゃいます。

一番のお勧め。時間も土地勘のない不安も解決。当り前ですがホテルまで送ってもらえるので、初めての場所でも大きなダイビング器材と一緒でも安心です。プーケットにはたくさんのホテルやゲストハウスがあるのでホテルを探すのが大変なのです。ドライバーさんが知らない場合もあるので、お手元にはホテルの電話番号を用意して乗りましょう。直接電話して確認してくれます。
カウンターで行先別で料金定額のリムジンと、メータータクシーがあります。

リムジンタクシー

建物内、外にタクシーカウンターがあります。ミニバスと同じカウンターです。
カウンターで行先を告げます。言葉の心配はいりません。ホテルの予約確認書など、英語表示のホテル名/住所/電話番号が分かるものを見せるだけでOK。必ず、英語表示のものをご用意くださいね。プリントアウトした紙がスムーズです。デジタルの場合はネット環境がなくても見れるよう、スクリーンショットを忘れずに。
料金表を確認し、カウンターで支払います。タイバーツ現金のみ。

2019年5月 
変動しますが、こんな価格表はあるはずなので確認しましょ。

その後、どこからともなく現れた担当ドライバーが車へ案内してくれて(荷物も持ってくれる)、乗車。出発。
カウンターのスタッフとドライバーとの目的地の確認があいまいなことがあるので、もう一度ホテル名と電話番号を提示するようにします、←これ重要!!

メータータクシー

メータータクシーのカウンターで行先を告げ、ドライバーに案内され乗車。流れはリムジンタクシーと同じですが、料金はメーターの料金を降車時にドライバーへ支払います。空港待機料?使用料??として+150Bが必要です。
メーターを使ってもリムジンタクシーと同じぐらい、渋滞していたら思いのほか割高になったりするので、ドライバーから定額での交渉があれば、リムジンタクシーと同じか安いぐらいだと思うので応じてもいいと思います。

価格の目安 セダン1台あたり(3名まで)通常の時間帯

行先料金目安
パトン800B
カタ・カロン1,000B
チャロン800B
プーケットタウン650B
ラグーナ・バンタオ700B
ナイハン1,000B

人数により車種が大きくなったり、早朝・深夜料金は割増しとなります。

乗り合いミニバス

ハイラックスのようなワゴン車でミニバスといいます。最大11名乗れます。
カウンターはリムジンタクシーと同じで、料金表もあります。1名当たりの金額です。行き先によって人数が揃えば出発します。パトンは人気のエリアなので出発も早いです。行先は主要な場所、パトン、カタ、カロンのみです。
タクシーとの違いは乗り合いで、立ち寄る場所が増えるため時間がかかること、ホテル前までは行かず最寄りの大通りで降車すること、スーツケースは1つまで、2つ目からは別料金であること、です。
下車後ホテルを探し歩かないといけないので、Google Mapなどでホテルの場所が把握できる方、探しやすい明るい時間帯、荷物の少ない身軽な方又は力持ちの方にはお勧めです。土地勘のない方は不安です。プーケットは歩道にも露店が出ていて、キャスターバックを簡単には転がせません。

2019年5月撮影

価格の目安 セダン1台あたり(3名まで)通常の時間帯

行先料金目安
パトン180B
カタ・カロン200B

1名当たりの価格。早朝・深夜、大きな荷物2個目 割増し料金。

送迎事前予約

Ripple plusでも、ホテルでも専用車を事前に予約することもできます。
女性一人旅で深夜着の場合、ご予約を強くお勧めします。
お迎えのターミナルと出口番号、を必ずよ~く打ち合わせ・確認してください。
大抵の場合、「ターミナル2の3番出口」となると思います。 
お名前を書いた紙を持ったドライバー、または係の人が待ってくれています。

価格の目安 通常の時間帯

行先    料金 セダン~3名  料金 ミニバス~11名
パトン900B1,200B
カタ・カロン1,000B1,300B
チャロン900B1,200B
プーケットタウン700B1,000B
ラグーナ・バンタオ   700B900B
ナイハン1,000B1,300B

タクシー予約会社 DeeDee Phuket さんは、個人的にもよく使っており、今まで一度も遅れたことがなく、逆に早すぎるぐらいに迎えに来てくれて、お勧めです。予約窓口のオペレーターを通しての予約になり、万が一の時もオペレーターさんと話をします。
GRABはプーケットではお勧めしません。結局割高であること、ドライバー個人とのやり取りとなることがタイ語が話せてもストレスでした。あまり英語は話せず、場所の説明も良くわかってくれません。

路線バス

交通の便が悪く、観光客にとってタクシーとトゥクトゥクしかないプーケットに、徐々にですがバスも利用しやすくなっています。その取り組みとして、去年から、Smart Busという空港と観光地と観光地を結ぶバスが出来ました。空港からバスも利用可能になったので、時間が合う方は、挑戦してみて下さい。

バス乗車・降車ともにバス停はターミナル1、Domestic Terminal にあります。国際線でターミナル2(人工芝の広い広場の方)に到着の場合は、徒歩で移動可能です。カートもそのまま押して行けます。2階で繋がっているようですが、到着は1階でいったん外に出るので、そのまま外を歩いた方が早いです。

Domesticへの表示とバスのアイコンを目指して。到着するまでに、「タクシー」と声かけられまくりますが、「バス」と返事すると、あっち~と、指さして教えてくれる人もいるぐらいでしつこくありません。
ターミナル1に到着してからも、ずーっと奥、緩やかにカーブになっていてバス停が見えにくいのですが、案内があります。

・Phuket Airport Bus http://www.airportbusphuket.com/  

空港からプーケットタウンのバスターミナル1行き。観光地のビーチは回りませんが幹線道路を走りプーケット住民の利用頻度が高いです。
終点のバスターミナル1からローカルバス乗り場へは徒歩10分。ここからパトンやカタ、各方面へ乗り換えて行くこともできます。
私も一人で自宅へ帰るときはバスでバスターミナルへ行き、迎えに来てもらって自宅へ帰ります。運行時間が07:30-21:30 と限られます。

座席はクッションがなくかたいですが、広く清潔感があります。荷物置き場もあります。大抵空いているのですが、1度だけ始発の7:30に乗った時は混んでいて座れず、荷物置き場もあふれていました。早朝着の中国便から始発を待って乗車して来る人が多いのではないかと思います。
空港からプーケットタウンバスターミナル終点まで 100B。現金のみ車内で支払います。
所要時間60-90分。ほぼ時刻表どおり運行していますが、道路状況によるので10-20分程度の遅れは見込んでください。

・Smart Bus https://phuketsmartbus.com/


プーケット空港と観光地として主要なエリアを回りながら縦断、最終はRawai行きです。パトンとカタ、カロンなど主要なビーチを繋ぐ、画期的な路線バスです。空港だけでなく観光客の足としても期待されますが、まだまだ本数も少なく課題が多いようです。
料金は最大170B。パトン、カタまでは150B。基本支払いはRabbit Cardという交通系カードのみです。バンコクではBTSなどでも利用できるカードなのですが、プーケットでこのバス利用だけに購入となると???。
Rabbit Cardを購入する場合300B。うち利用できるのは200B分のみ。100Bは初期費用で、デポジットではなく返金されません。


・・・という事で、最近現金払いもOKとなりました。その場合行先に関係なく一律170B。パトンまでRabbit Cardだと150B、現金だと170Bです。空港からではなく、ビーチとビーチを結ぶ路線なことに期待されているのですが、Rabbit Cardなら、パトン-カロンは50B、パトン-カタは100B。すでにカードをお持ちの方やビーチ間でも利用したい方はカードを購入してカードでどうぞ。プーケットでRabbit Cardの利用できるところはまだまだ少ないのですが、わかりやすいところだと、マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキー・フライド・チキンで利用とチャージが可能です。
所要時間 空港からパトンまで60-90分。始発の空港は定刻どおり出発します。渋滞がちなエリアを回る為時刻表通りの到着は難しそうです。各エリアバス停は1か所。
運行 06:00-21:00
料金の詳細はWEBをチェック。

パトンバス停 空港からの到着


・Phuket Airport Bus Express http://phuketairportbusexpress.net/main.php 

バス停表示のRoute P3です。が、運航状況があやふや。空港は始発なので待機の車があれば利用価値あり。この日は他のバスと一緒に並んでいました。出発はほぼ定刻通りです。キャンセルされているようなら乗り合いミニバスに切り替えればいいか、という気持ちで目指してみてください。料金も安く、大通りとなりますがホテル近くで下車できるので、Smart Busよりも便利です。

プーケット空港からの移動方法を紹介しました。意外と逆の、空港への行き方の案内が少ないので、そちらも記事にしてみます。
空港からは選択肢が多いのですが、空港へ行く方法は少し変わります。飛行機に間に合うよう時間厳守なので、こちらもご覧ください。